長浜盆梅展(2018年2月上旬)

滋賀県長浜で開催されている長浜盆梅展に行きました
今回で67回目という歴史あるものです
場所は慶雲館という明治時代に建てられた建物ですので
建物・庭とも趣あるものです
庭はすっかり雪景色でした

 

入り口です

 

玄関から金屏風の前に立派な梅の花です

 

昔の日本間に盆梅がずらり
屋内なので梅の香りが部屋に広がっていました

 

床の間に

 

違い棚には小さな梅の木

 

 

幹がユニークです

 

 

ちなみに窓からはこんな雪景色の庭が見えます

 

この梅は金のふすまの個室で一番目立っていました
金色の壁と黒い床に、薄いピンク色の花が映えていました

 

渡り廊下を渡って次の部屋へ

 

 

こちらはひときわ大きい梅が多かったです

 

 

 

 

 

棚にかわいらしい小さい花も

 

2階の展示室です

 

こちらは小ぶりの梅が展示されてました

 

 

 

琵琶湖の島のイメージだそうです

 

おひなさまのように並んだ梅も

 

こちらはお茶席がありまして雪景色の中

 

500円でお抹茶とお菓子がいただけます

青空の下見る梅の花もいいですが、明治時代の趣ある建物の中で見る梅も
他にはない雰囲気でよかったです
枝垂れ梅や老木、かわいい小さな木とバリエーションも豊富でした
1月中旬から3月中旬までの開催期間中、順々に咲くそうですので、
まだつぼみが多い梅もありました
屋内なので梅の香りが風で逃げず、部屋中に漂っているのも屋内ならではの
魅力ですね

こちらはJR長浜駅から徒歩5分程度なので、雪の時期に車を運転するのがちょっと、という場合でも電車で行きやすいのもよかったです
ちなみに電車の中からはこんな美しい景色が見られました

地元の方によると、冬の間中ずっとこんな景色、というわけではないそうですが、寒波の後はこんな雪景色が見られるんですね

長浜盆梅展のウェブサイトはこちらです
bonbai.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です