南部梅林(2018年2月下旬)

和歌山にある梅の名所、南部(みなべ)梅林です
関西で最も早く梅の咲く、春が早く来るところでもあります

駐車場は入り口近くに何か所もありまして、1日500円くらいです
車をとめて、入り口の案内板です

 

そしてこちらから坂を上っていきます

 

すでに梅がちらほら

 

 

この先で入場料を払って入ります

 

入場料を払う入り口の横もすでに美しい梅林がありました
ここだけでも見ごたえのあるものです

 

中に入ると山に沿って梅林が広がります
こちらはもともと観賞用というより梅の実を生産するための梅で
ほとんどが白い梅の花です

 

菜の花も咲いてました

 

少し歩くと梅林公園があって、こちらはいろんな色の種類の梅がありました

 

ここだけでも十分梅の名所になるような、素晴らしい公園でした

 

 

 

 

 

 

 

 

梅林公園から反対側も美しい風景が広がっています

 

梅林公園から山に沿って坂道が続いていて、
梅林を見ながら歩くことができます

 

斜面には梅がずらり

海も見えてきます
写真右のピンク色の部分が先ほどの梅林公園です

 

気持ちのいい道です

 

 

途中、AコースとBコースふたつに分かれます
大回りするAコースを選びました
山をぐるっとまわり、真ん中が先ほどの梅林公園です

 

Aコースは景色のいい道でした

 

 

 

梅林公園が近くに見える場所を通ります
外側から見る梅林公園も美しいですね

 

Aコース最後の方は梅で真っ白な景色でした

 

 

 

山から下ったところにも梅林がありました

 

このあたりは至るところに梅林がありました

 

山一面梅林で、規模はトップクラスです
海も見える景色のいい山道を歩く散策路もあり、
ちょっとしたハイキングの気分でした
一足早い春を満喫できました

この日は平日でしたが、帰ってくるころには
たくさんあった駐車場も満車のところが目立ちました
人気の場所ですので、早い時間に行かれるのがおすすめです
ウェブサイトはこちらです
https://www.minabe-kanko.jp/sightseeing/539

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です