善峯寺(2018年5月中旬)

西国33か所の第20番札所でもある、京都市の西の端の方にある
善峯寺に行きました。

今回は電車とバスで行きました。
JR向日町駅もしくは阪急東向日駅から阪急バス66善峯寺行きに乗ります。
バスは1時間に1本です。
終点の善峯寺バス停で降りて、お寺までつづら折りを登っていきます。
距離はそんなにありませんが、ちょっときつめの坂です。

 

シャガの花が咲いていました

 

5分ほどで門に着きます。
このあたりに駐車場があったので、
車で来た場合はつづら折りは回避できそうです

 

山門です。大きすぎてカメラに全部入りませんでした。
こちらで入場料ひとり500円払います。

 

山門を抜けて奥に観音堂です。

 

 

観音堂から山門を見たところです

 

観音堂から隣にある宝館を見たところです

 

案内板の番号と矢印に沿って歩くと、
境内を大きくぐるりと回ることができます。

 

斜面に境内があるので、階段を登ることが多いですが、
そこまできつくはありません。

 

全長37mもある「遊龍の松」です。
背は低いですが横に長く伸びていて龍のようです。

 

 

 

このあたりは展望がよかったです。
京都市内方面です。

 

南東、奈良の方向です。

 

新緑のモミジがあちこちにあって爽やかな風景になっていました。

 

ボタンかシャクヤクかどちらかわかりませんが、所々に咲いていました。

 

釈迦堂からです

 

さらに登り奥の院の薬師堂のあたりにも花が咲いていました。

 

 

 

 

 

 

あちらこちらに展望のいい場所があります。

 

案内板の番号に沿って降りていきます。

 

こちらは春の桜にはじまり、ボタンやしゃくやく、あじさいも有名な
花のお寺だそうです。
境内は3万坪と広くて、山の上なので展望もよく、新緑も美しくて
いいお寺でした。
階段の上り下りが多いのでちょっとしたハイキングの感じです。
新緑の中、山の涼しい風が吹き、爽やかでした。

ウェブサイトはこちらです
www.yoshiminedera.com/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です