やまなみハイウェイ(湯布院~城山展望所)(2018年5月中旬)

大分県の湯布院から熊本県の阿蘇へつながる
やまなみハイウェイ(県道11号)へ旅行に行きました。
立ち寄り場所の紹介は次回以降として、
今回はやまなみハイウェイ全体の紹介です。

大分空港から高速道路にのり湯布院ICでおり、県道11号へ入ります。
湯布院ICのあたりから草原の山の景色が広がります

 

県道11号に入ってしばらくは山の木々の景色が続き、
朝日台レストハウスのあたりから視界が広がります

 

案内板です。
この地図で下から上に走っています。

 

ここでちょっと寄り道、県道11号を西に離れて
九重夢大吊橋へ行きました。
高さ173mで人が渡る吊り橋としては日本一の高さだそうです。
入場料は大人ひとり500円です。
巨大です。

 

 

橋からは立派な滝が2つ見えました。
水の量が多いときは3つ見えるそうです。

 

反対側の景色です
山と山の間の谷にある吊り橋だというのがよくわかります。

 

ちなみに足元から下が見えますので高所恐怖症の方は要注意です。

 

県道11号やまなみハイウェイに戻り、飯田高原へ。
少し行くとこのやまなみハイウェイの代表的な風景とも言える長者原に。
草原と新緑の山と活火山の岩の風景が美しい雄大な景色です。

 

周囲はこんな感じで干し草ロールが転がる草原です。

 

このすぐ近くに長者原ビジターセンター(下の写真の建物)とタデ原湿原があるのですが、それはまた後日の記事に詳しく書きます。

 

県道11号をさらに進むと山道を登っていき、この道路の最高地点、牧ノ戸峠に着きます

 

駐車場とお店がある脇には登山口がありますが、車道を渡って反対側の
舗装された遊歩道を歩いていくと、5分ほどで小さな展望台があります。
展望台からは周囲の山々が見えます

 

 

牧ノ戸峠から県道11号は下り道になります。
下りていき、ちょっと寄り道、国道442号に入ります
交差点にある看板です。国立公園の敷地内になります。

 

道路沿いに駐車できる広いスペースのあるところがあり、
そこから絶景を見ることができます。
くじゅう連山方面を見るとこんな感じです。

 

阿蘇方面を見るとこんな感じです
うっすらと阿蘇の涅槃像が見えます
青々とした草原が続く素晴らしい景色です

 

 

国道442号を進み、くじゅう花公園に行きましたがそれはまた後日の記事にしまして、花公園の近くから「ぐるっとくじゅう周遊道路」(県道669号)に入ります。
沢水キャンプ場へと行く道との交差点付近です。
山が間近になってきます

 

阿蘇方面は草原が続きます

 

県道669号をしばらく行くとガンジーファームがあります
こちらのソフトクリームが有名だそうです。
ちなみにガンジーとはガンジー牛という稀少な牛の種類のことで
インドのガンジーさんとは無関係のようです。

 

ソフトクリームと牛乳をいただきました。
なめらかでおいしかったです

 

ちなみにこちらにはお馬さんや

 

ヤギさん

 

 

カモさんがいてエサやりなどができます

 

こんな雄大な景色の中です

 

さて、再び県道11号やまなみハイウェイに戻り、阿蘇方面へ走ります
車窓からの風景です

 

ひたすら草原の爽やかな風景の中を走ります

 

 

途中、芸術的にカットされた木々の並ぶ場所もありました。
直売のお店の方がされているようです

 

 

草原の丘が次々と続く独特な地形の中を走ります

 

 

 

そして城山展望所へ。

 

阿蘇の町と涅槃像です。
たくさんの水田が美しい景色を作っています。

やまなみハイウェイの旅はここまでです。
山道あり、くじゅう連山の雄大な風景あり、遠くまで続く草原の風景ありの
絶景が盛りだくさんで、素晴らしい道でした。
次回からは、やまなみハイウェイ周辺の個別の施設をご紹介していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です