赤城山(2018年10月中旬)

群馬県を代表する山、赤城山に紅葉を見に行きました。
赤城山の頂上付近にあるいくつかの沼には、車で簡単にアクセスでき、
無料の駐車場もたくさんあるので散策しやすいです。

まずは小沼に行きました。

 

木や草はもう枯れた雰囲気でしたが、幻想的な雰囲気でした。
周囲に散策路もありますが、すごく寒かったので写真だけ撮って車に戻りました。
後で行く大沼、覚満淵に比べてもここが一番寒かった気がします。

 

次は一番大きな大沼に行きました。
最高峰の黒檜山も見えて雄大な景色でした。

 

印象的な赤い橋を渡ると、赤城神社があります。

 

 

 

 

紅葉の景色に赤い橋が映えます。

 

 

 

 

最後に覚満淵に行きました。

 

 

 

こちらは湿原で、木道と散策路で一周できます。

 

 

黄色くなった草と木々の組み合わせがまた美しいです。

 

 

 

 

赤いかわいい実を付けた木もありました。

 

 

 

 

 

 

 

紅葉には少し遅かったようで、晩秋の雰囲気でした。
山頂付近まで車でアクセスでき、大きな沼のある広々とした景が広がるのは
関西にはあまりない景色ですね。
登山道もたくさん整備されていて、登山もそれぞれの季節に楽しめそうです。
無料駐車場があちこちにあるのも散策しやすくてよかったです。
気温は下界とかなり違うので、暖かい上着が必須です。

ウェブサイトはこちらです
http://akagi-yama.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です