六義園(2018年11月下旬)

東京都文京区にある六義園に紅葉を見に行きました。
こちらは大名庭園で、真ん中に大きな池があり、その周りを散策する形になっています。
入場料はおとなひとり300円で、徒歩15分ほどの旧古河庭園との共通券だと50円安くなります。
駐車場はなく、JR山手線と東京メトロ南北線の駒込駅、都営三田線の千石駅から徒歩で行けます。

正門です。

 

駒込駅から近い染井門も開いていました。
こちらはイベントなどの時だけ臨時に開くそうです。

 

入り口には秋らしく菊もありました。

 

まずは池の周囲を散策しました。

 

松と色づいた木々が美しい日本庭園です。

 

 

池に映る紅葉もまた美しいです。

 

ムラサキシキブの鮮やかな紫色の実がなっていました。

 

 

 

お茶席がいくつかありますが、そのうちのひとつの前には大きくて立派な黄葉の木がありました。

 

 

お茶席の横にはサザンカの花が。

 

 

このあたりには大きなモミジがありました。こちらは結構紅葉していました。

 

 

 

池には島がありますが、こちらへ渡る橋は封鎖されています。

 

次は池から一本中へ入った散策路を歩きました。
こちらはモミジをはじめとする紅葉の木々が多い散策路です。

 

京都嵐山の渡月橋からきてるんでしょうか。

 

花もあります。

 

ツツジも。秋に咲くツツジもあるのでしょうか。

 

ツツジの道をあがり、展望できる藤代峠にのぼります。

 

 

上からの展望も素晴らしいです。

 

再び散策路を行きます。公園というか、山の中のような雰囲気です。

 

モミジの紅葉はまだ色づきはじめの感じでしたが、赤、オレンジ、緑と
カラフルで美しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

広い敷地で、池の周囲の庭園の雰囲気と、まるで山歩きしているような
木々がうっそうとする中のモミジと、違った雰囲気を楽しめました。
モミジは紅葉しきっていなかったので、まだまだこれから楽しめそうでした。
都会の中とは思えない、風光明媚な場所で、秋の風景を満喫できます。

ウェブサイトはこちらです
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です