東武トレジャーガーデン(2019年5月上旬)

群馬県館林市にある、東武トレジャーガーデンに行きました。
こちらは、バラ園がメインのようですが、バラはまだ咲き始めでした。
でも、広いネモフィラの花畑がまだ見ごろで、
ネモフィラの青い景色が楽しめました。

こちらは、入場料は花の開花具合に合わせて変動制で、
行った時はおとなひとり1000円でした。
駐車場は無料で500台あります。

こちら入り口です。レンガの建物とツタが雰囲気があります。

 

 

壁づたいのバラと、噴水が外国のようです。
もう少ししたら、バラの花いっぱいのアーチになりそうです。

 

アーチの横は、もうピンクのバラがよく咲いていました。

 

 

 

正面の階段にも、バラがいっぱいでした。

 

 

寄せ植えの花壇を見ながら進みます。

 

横の小道を進むと、

 

奥に、ネモフィラがメインの広い花畑が広がります。

 

 

 

 

ネモフィラの間の散策路を歩きます。

 

 

リナリアとネモフィラです。
青と濃いピンクの組み合わせが華やかです。

 

 

 

端から見ると、広々として、北海道のガーデンのようです。

 

一面ブルーの世界が広がります。
少し丘のように高低差があるので、波打つ海のように見えます。

 

紫とブルーの組み合わせも。

 

 

ネモフィラ以外にも、いろんな花があります。

 

 

さらにネモフィラの間の散策路を進みます。

 

 

 

快晴の空とネモフィラ、爽やかな青の世界です。

 

アップにすると、小さい花がいっぱいでかわいいです。

 

白いネモフィラとルピナスがいっぱいの一角もありました。

 

 

 

 

 

一周まわってスタートした藤棚に戻りました。

 

次にバラ園の方を散策しました。バラはまだのものが多かったですが、
咲いているものもちらほらありました。

 

 

 

 

 

 

白バラの天蓋もまだまだでした。満開になると、素晴らしい風景になるでしょうね。

 

 

木に沿って背の高いバラがあって、こちらは満開でした。

 

大きな白い花はフランス菊という花で、あちこちでよく咲いていました。

 

 

小道が、秘密の花園という言葉が似あいそうな雰囲気でした。

 

このアーチはまだでした。ここも満開になると素晴らしい風景になりそうです。

 

こちらのバラのアーチはよく咲いていました。

 

 

もう少ししたら、この道もバラでいっぱいだと思います。

 

 

レンガの建物とバラの組み合わせも雰囲気があります。

 

 

ネモフィラの花畑は広々として、ブルーの爽やかな風景が広がる素晴らしい場所でした。
ネモフィラは見ごろ終盤とのことでしたが、まだまだ見ごたえがありました。
バラは、もうすぐ咲きそうなつぼみがたくさんありましたので、
これからたくさん咲いて、長く楽しめそうです。
咲いているのは一部でも、いい香りが漂っていました。
春の散策にとてもいい場所でした。

 

ウェブサイトはこちらです
http://treasuregarden.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です