赤城自然園(2019年5月上旬)

群馬県渋川市赤城町にある、赤城自然園に行きました。
こちらは、広大な敷地の森林で、作られた花畑ではなく、
山野草を楽しむ感じの場所です。
この初夏の時期は、シャクナゲとツツジがたくさん咲いていて、
黄緑色の、新緑も楽しめました。
こちらは森林セラピー基地にも認定されているようです。

入場料はおとなひとり1000円で、無料の駐車場が400台分あります。

駐車場からもう花がいっぱいです。ツツジがよく咲いていました。

 

八重桜も満開でした。

 

中に入る前から、このさわやかさです!

 

こちらが入り口です。

 

中に入ると、新緑の木々と、シャクナゲの花がさっそく迎えてくれました。

 

こちらは手前から、セゾンガーデン、四季の森、自然生態園の3つのエリアがあります。
まずは花いっぱいのセゾンガーデンからです。
ウッドチップの柔らかい散策路を歩いていきます。

 

黄色いヤマブキソウが地面にたくさん咲いていました。

 

 

番号のついた道しるべがあちこちにありますので、パンフレットと照らし合わせて現在地がわかります。

 

池のあるシャクナゲ園です。
池と、周りを取り囲むシャクナゲやツツジの風景が美しい場所でした。

 

 

カラフルなシャクナゲがよく咲いていました。

 

 

いくつもある小さな散策路を歩きながら、たくさんのシャクナゲを楽しめます。

 

新緑とシャクナゲの組み合わせが爽やかな風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池のところから奥にあがっていくと

 

見晴らし台があります。

 

見晴らし台からは、シャクナゲ園と、奥に榛名山が見えます。
この日は快晴でしたので、榛名山がくっきりと見えました。

 

メインの散策路を挟んで、シャクナゲ園の反対側にある、
ツツジの丘の方も散策しました。

 

シロヤシオ、アカヤシオという種類のツツジがたくさんあって、
新緑の小道に映えていました。

 

 

 

 

 

セゾンガーデンのエリアを抜け、四季の森のエリアへ。
途中の芝生広場では、ベンチがあって、お昼を食べている人がたくさんいました。
東屋、休憩広場、展示棟でだけ、持ち込みの食事をすることができます。
地面には白い花がいっぱいで、新緑の木々の中で気持ちのいい食事ができます。

 

それぞれの場所に植物の紹介の立て札があります。

 

四季の森には、シラネアオイの苑があり、ちょうどシラネアオイが満開でした。

 

 

アカマツ広場では、背の高いアカマツがたくさんあって、圧巻でした。

 

新緑まぶしい散策路を歩き、一番奥の自然生態園の方へ。

 

ナナフシ橋という橋を渡って行きます。

 

自然生態園の中の三角点のあたりは、ヤマツツジがたくさん咲いていました。

 

赤と緑がまぶしいくらい鮮やかでした。

 

散策路に沿って、ぐるりと一周しました。
こんな感じの、さわやかな森の中を歩きます。

 

道に沿って、いろんな草花を楽しむことができます。

 

 

 

 

池もあります。森の中の池、静かな雰囲気です。

四季を通じて、いろんな草花を楽しめる赤城自然園ですが、
この5月が、新緑、シャクナゲ、ツツジと一番華やかな季節ではないでしょうか。
新緑の緑に、赤やピンクの花々が本当に鮮やかでした。
足元にも、いろんな種類の小さなかわいらしい花々が咲いていました。
木々もたくさんあり、急な坂道もない、歩きやすい山といった雰囲気で、
森林浴で、心身とも癒されるおすすめの場所です。

ウェブサイトはこちらです
https://akagishizenen.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です