レッドヒルヒーサーの森(2019年5月下旬)1/2

三重県津市にある、レッドヒルヒーサーの森に行きました。
こちらは、約1000品種の花木や草花を楽しめるところで、
その名の通り、森ですが、うっそうとした森ではなく、手入れされた爽やかな里山庭園です。

新緑と、季節の草花、そして今の時期はローズガーデンのバラが満開でした。
ローズガーデンについては、次回の記事にまわし、今回はローズガーデン以外の場所をご紹介します。

入場料はおとなひとり1200円で、広い無料駐車場があります。
この中にはレストランはありませんが、隣に、レストランや直売所のある道の駅のような施設があります。
(持ち込みのお弁当などを決まった場所で食べることはできます)
再入園は何度でもできますので、食事してまた戻ることもできます。

駐車場から、階段をあがり、小高い場所に入り口があります。

 

入り口です。レンガがおしゃれですね。

 

入り口のバラのアーチもきれいに咲いていました。

 

中に入ると、さっそく木々と花々の爽やかな風景が迎えてくれます。

 

ウェルカムガーデンではいろんな草花の寄せ植えが素敵でした。

 

 

木々の間の道を抜け、スイレン池の方へ。

 

スイレンがもう結構咲いていました。

 

 

 

池をぐるりと散策して、季節のお花畑の方へ。

 

サボテンなどちょっと変わった植物もありました。

 

季節のお花畑は、ビオラなどこぢんまりしたかわいらしい花々が咲いていました。

 

新緑がまぶしい爽やかな散策路を歩き、展望台の方へ。ちょっとのぼります。

 

下にはスイレンの池、向こうに山々の景色が見えてきます。

 

展望台に到着です。

 

展望台からは、遠くまで見渡される絶景です。

 

 

展望台からもう少しあがると、芝生の広がる丘につきます。
ツツジかサツキかな?がいくつか咲いていました。

 

斜面ですが、木陰にベンチもあり、木々の間を抜ける爽やかな風を受けながらひと休みできます。

 

 

端の方には、風の門という展望台があります。
展望はさきほどの方がいいですが、こちらは風水的にいい場所だそうですよ。

 

花木を見ながら、こころの池やレッドウッドの森の方へ。

 

こころの池です。向こうにはコニファー広場とレッドウッドの森が見えます。

 

こちらの池にもスイレンがよく咲いていました。

 

レッドウッドは、世界一のっぽの木と言われている「センペルセコイア」の別名だそうで、このレッドヒルという施設の名前の元にもなっているそうです。
本当に背の高い木で、木陰は爽やかな休憩場所になっていました。
木陰は涼しく、緑の香りがかおり、しばらくのんびりしていたい場所です。

 

レッドウッドの森をさらに奥に進みます。

 

黄ショウブがあちこちに咲いていました。

 

 

さらにその奥はもみじ谷です。もみじの新緑が鮮やかでした。
紅葉の時期もきれいでしょうね。

 

敷地の中はけっこう広く、緑の中を、花も見ながら気持ちのいい散策ができる場所でした。
のんびりと過ごせる場所もあちこちにあり、初夏の爽やかな季節を過ごすのにぴったりの場所でした。
次回は、満開のバラが美しいローズガーデンのエリアです。

ウェブサイトはこちらです
http://www.redhill.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください