ローザンベリー多和田(2019年5月下旬)1/2

滋賀県米原市にある、ローザンベリー多和田に行きました。
採石場跡の広い敷地に、庭園、レストラン、草原、ひつじのショーンの世界など、
花々と緑いっぱいの、かわいい世界が広がります。
そして今の時期は、バラの花が満開でした。
今回は、入り口近くの宿根草の庭と、ローズガーデン、キッチンガーデンです。

入場料はおとなひとり1000円ですが、JAFで100円割引になります。
駐車場は無料で300台あります。

駐車場から入り口の方です。花のドレスです。

 

無料ゾーンとして、レストラン、カフェ、ガーデンショップなどがあります。
ショップの奥を抜けたところに、有料ゾーンへの入り口があります。

 

入り口を入ると、両側をバラなどの花と緑に囲まれた石畳の回廊に出ます。

 

 

 

 

 

並木と花々の組み合わせが美しいです。

 

 

 

こんなかわいいのもありました。

 

バラの向こう側に見えるのはレストランです。レストランからの景色もよさそうですね。

 

宿根草の庭への入り口です。華やかに飾られていました。

 

 

宿根草の庭です。草花の中の散策路が爽やかな風景です。

 

 

 

 

 

木の柵もまた雰囲気がありました。

 

バラの花の咲く場所もありました。

 

芝生とバラの組み合わせもきれいでした。

 

 

休憩所の向こうには池があります。池の風景もまたよかったです。

 

 

回廊の奥に行くと、キッチンガーデンとローズガーデンがあります。
その入り口にあるトイレですが、トイレまでかわいい雰囲気です(笑

 

トイレ横の道を入ってキッチンガーデンとローズガーデンの方へ向かいます。
レンガの壁と、木の柵と、バラの組み合わせが絵になります。

 

花あふれる道をローズガーデンの方へ。

 

 

ローズガーデンへの入り口です。

 

ちょうどバラが満開で、カラフルな素晴らしい風景でした。

 

 

 

 

 

 

奥の並木との組み合わせもまた美しかったです。

 

 

 

ゆるやかな斜面になっているので、たくさんのバラを一気に見渡せて、迫力がありました。

 

 

 

 

 

斜面の一番上から見るとこんな感じです。

 

一番上の柵沿いにもバラがいっぱいです。

 

ローズガーデンからキッチンガーデンへ。かわいい花車もありました。

 

キッチンガーデンです。こちらにも花が咲いていました。

 

 

 

 

キッチンガーデンの入り口も素敵でした。

こちらはイングリッシュガーデンなので、「きっちりと整備された花畑」ではなく、
自然に近い、野山風の庭でした。
花々と緑の組み合わせが美しく、気持ちのいい散策路でした。
こちらの場所自体が、山に囲まれたのどかな場所にあるので、周りの風景ともぴったりな雰囲気でした。
入り口の無料ゾーンにあるレストランやカフェはすごくおしゃれで、人気がありそうでした。

次回は、奥へ進み、フェアリーガーデンと、ひつじのショーンのエリアのご紹介です。

ウェブサイトはこちらです
http://www.rb-tawada.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください