ローザンベリー多和田(2019年5月下旬)2/2

前回に引き続き、滋賀県米原市にある、ローザンベリー多和田です。
前回は、入り口近くの宿根草の庭とローズガーデンでしたが、今回は、さらに奥のエリアです。

バラに囲まれた、小高い展望台がありました。

 

こちらのバラも満開でした。

 

天井にぶどうの枝がある展望台です。

 

ここから周囲の美しい景色が見えます。

 

さらに奥に歩きます。こちらには広い、素朴な花畑がありました。

 

こちらは、蜜蜂のための花畑だそうで、中には入れませんが、外から見ても素朴な美しさのある花畑でした。

 

きれいな木の花も咲いていました。

 

さらに少し行くと、バーベキューができる場所などのお店が並んでいます。

 

 

そこからさらに少し行くと、バラの咲く金網のトンネルがあります。

 

ここは実は、機関車が走っています。この先の、フェアリーガーデンまで走っています。

 

まだ小さめのバラが多かったですが、これから成長して、金網全体を覆うようになったら、
バラのトンネルのような絶景になるでしょうね!

 

今でも十分にきれいですが・・・

 

 

 

このバラのトンネルのあるエリアから横の丘にあがると、馬がいます。
以前行った阿蘇を思わせる風景でした。

 

バラのトンネルの次は、ぶどうハウスを抜けて行きます。

 

ちっちゃな実が。葉っぱも大きくて独特な形なんですね。
関西でぶどう畑を見ることは少ないので貴重です。

 

ぶどうハウスの先に行くと、草原の広がる牧場のような風景が広がってきます。

 

このあたりが、フェアリーガーデンです。妖精がいそうな雰囲気です。

 

いくつか、丘の下に埋もれているような形で、おうちがあります。
妖精が住んでいそうな感じです。

 

こちらの中にはミニチュアがありました。

 

ちなみにこのあたりに、機関車の終点があります。

 

おうちを見ながら、散策路を歩いていきます。このあたりは丘なので少し上っていきます。
丸っこい木が、団子みたいでおもしろいです。

 

このあたりは周囲の山の景色がよく見えて、絶景です。北海道のような雰囲気です。

 

羊(本物)もいます。

 

またかわいいおうちが2つ見えてきました。

 

ここは妖精のレストランと

 

バーだそうです。写真ではわかりにくいですが、全体的に小さめです。

 

さらに丘の上にあるこちらのおうちは

 

妖精の部屋だそうです。靴や上着がそれっぽいです。

 

一番上までのぼりきると、ひつじのショーンファームガーデンがあります。

 

あちこちにキャラクターがいます。ピザ食べてる・・・

 

小屋の中にも。

 

奥に立派な建物があって、牧場主の家を再現したものだそうです。
外国の雰囲気漂う建物で、中にもキャラクターがいます。

 

牧場主の家の他にも、にわとり小屋があります。
拡声器を持つ鳥と、にわとりも。表情がおもしろいです。

 

教会もあって、中でひつじのショーンのアニメを見ることができます。

 

アヒル(本物)のいる池もあります。

 

ちなみに、このエリアのあたりに、カフェがあり、そちらで昼食をいただきました。
サンドウィッチなどの軽食があります。窓からの景色もよかったです。

前回の宿根草の庭とローズガーデンは、手入れされた庭、という感じでしたが、
このフェアリーガーデンやひつじのショーンのエリアは、広々としていて、
草花と周囲の山々ののどかな風景が広がり、北海道のような、外国のような雰囲気でした。
草原の中の散策路をのんびり歩くのは気持ちいいのですが、よくも悪くも、
空が広くて日陰があまりない場所なので、これからの暑い時期は日傘か帽子を
持っていかれることをおすすめします。
おしゃれな雰囲気、のんびりとした雰囲気、いろんな雰囲気を楽しめるおすすめの場所です。

ウェブサイトはこちらです
http://www.rb-tawada.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください