上野恩賜公園(2018年11月下旬)

秋の散策を楽しむために東京の上野公園に行きました。
公園なので入場は無料です。上野駅から歩いてすぐなので行きやすいです。

まずは今年の大河ドラマでもある西郷さんの銅像から。

このあたりのイチョウはまだ青い葉が多かったです。

上野の森美術館の近くには、この時期に咲く珍しい桜がありました。

 

この時期にお花見ができるとは。

 

桜の後ろには大きなイチョウもありました。
ちなみに人がたくさんいるのはフェルメール展のための行列です。人気ですね~

 

清水観音堂のあたりにはモミジがありました。
青から赤へグラデーションになってました。

 

 

清水観音堂には浮世絵にも描かれている、枝が丸くなっている松「月の松」があります。

 

清水の舞台からは松が目の前に見えます。

 

清水観音堂から不忍池へ。

 

ここにも桜がありました。

 

 

可憐に咲いていました。

 

清水の舞台まで戻り、奥の国立博物館の方へ歩いて行きました。

 

椿かサザンカかな?

 

すっかり枝だけになったソメイヨシノがずらり。
春によくテレビでお花見の様子が流れるのはここなんですね~

 

国立博物館の近くあたりまできました。
このあたりは黄色くなった木々が多くてきれいでした。

 

 

 

 

上野公園を抜け、寛永寺の方へ向かいました。
途中、国際こども図書館の建物と紅葉の木々が美しかったです。

 

徳川家の菩提寺、寛永寺に来ました。

 

昔は上野公園全部が寛永寺の敷地という、広大な敷地を持っていたそうですが、
今は本当に小ぢんまりとしたお寺です。

 

上野公園全体に、たくさんの木々があり、赤や黄色に色づいていたり
落ち葉のじゅうたんがあったりで、散策にもってこいの場所です。
美術館や博物館も複数あり、歴史的なお寺や東照宮もあり、
文化の香り漂う場所で、芸術の秋の散策にぴったりですね。
さらに季節外れの珍しい桜も楽しめます。

ウェブサイトはこちらです
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index038.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です