がんこ二条苑(2019年5月下旬)

京都市の中心部にある、「がんこ二条苑」に食事に行きました。
こちらはもともと、角倉了以(教科書にも出てきますね)の別邸跡で、
立派な日本庭園もあります。

立派なお屋敷な感じの雰囲気です。

 

解説もありました。

 

季節先取りのあじさいが迎えてくれました。

 

入るのに緊張しそうな風情ある雰囲気です。

 

洋館風なお部屋の、窓際のテラス席に案内されました。
外のお庭がよく見えたのですが、去年の台風の修理中だそうで、ブルーシートが張られ、まだ痛々しい感じでした。

 

やわらぎ弁当(1380円・消費税サービス料別)をいただきました。
お肉、お刺身、焼き魚もついていて、ごはんも季節の蛸ごはんで、ボリュームもあって、おいしかったです!

 

さて、お庭ですが、食事した人は自由に散策できます。
こちらは、入り口入ってすぐの場所からのガラス越しの景色です。

 

スリッパも用意されていて、外に出て自由に散策できます。

 

緑が鮮やかで、ピンクと赤のサツキかな?があちこちに咲いていて色どりを添えていました。

 

思ったより広めの日本庭園でした。

 

建物を振り返ったところです。和の庭園に、和の建物、これぞ京都という風情があります。

 

川を渡ると、大きな灯籠があります。日本一大きいそうです。

 

順路に沿って、別の道から建物の方へ戻っていきます。

 

川が涼しげです。

 

この風情ある建物で、食事もおいしくて、立派な庭も散策できて、お値段もリーズナブルで、お値打ちの場所です。
だからこそか、人気の場所ですので、早めの時間に行くか、予約した方が無難だと思います。
12時頃には欧米系のツアー客だと思われる団体さんが続々と来られてました。
旅行客にも人気になりそうな雰囲気ですからね~

ウェブサイトはこちらです
https://www.gankofood.co.jp/shop/detail/ya-nijyoen/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください