平安神宮神苑(2018年6月上旬)

京都市左京区にある平安神宮の庭園です。
社殿の周囲を囲むようにあります。
こちらは春の桜と、初夏のかきつばたと花菖蒲、秋の紅葉が有名です。
今回は花菖蒲を見に行きました。

こちらは平安神宮の門です

 

 

社殿です
右近の橘、左近の桜があります。

 

 

社殿に向かって左の方に神苑への入り口があります。
入場料600円です。
中はこんな感じになっております。

 

まず南神苑です

 

 

 

 

次は西神苑です
こちらに花菖蒲がたくさんあります。
終わりかけているのもありましたが、まだ見ごろでした。
池にはスイレンも咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

次は中神苑です。
こちらはカキツバタがありますが、カキツバタはもう終わっていました。
スイレンはたくさん咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

あじさいも少しだけありました

 

最後に東神苑です。
こちらは大きな池があり、雰囲気のある橋が特徴です。

 

 

 

橋はこんな感じです

 

橋からの景色もきれいです

 

 

京都の有名な庭園と言えば枯山水が多い気がしますが、
こちらは緑の多い広めの庭園です。
南神苑には枕草子や源氏物語に出てくる草花の紹介もありますし、
松の木もあり、和風の庭園となっています。
地下鉄東山駅からもほど近く、交通の便もよい場所ですが、
町中とは思えない落ち着いた雰囲気です。

ウェブサイトはこちらです
www.heianjingu.or.jp/shrine/garden.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です