戸隠森林植物園・鏡池(2018年6月下旬)

戸隠神社奥社の帰りに、随神門から参道をそれて
戸隠森林植物園に入りました。
随神門からこんな感じで入口があります。

 

奥社参道と違い、こちらに行く人はほとんどいないので
熊にビビリながら、鏡池を目指し遊歩道をひたすら歩きました

 

遊歩道は一応整備されていますが、結構うっそうとしています。

 

 

途中リスをみかけました!木に登っています。

 

最後の方は山道のようなところを通り、
入り口から15分から20分くらいで、ついに鏡池につきました。

 

薄い雲が出ていてくっきりとは見えませんでしたが、
戸隠の山のゴツゴツとしたシルエットが見えました。
ちなみにこの近くに無料の駐車場がありますので車でも来れます。

 

 

来た道を少し戻り、途中で曲がり森林植物園内のみどりが池を目指して
歩きました。
こちらも先ほどのようなうっそうとした道でした。
花もちらほら咲いていました。

 

 

 

みどりが池の近くに来ました。
このあたりまで来ると、森林植物園の駐車場が近いので、
歩いてる人がちらほらいました。

 

 

みどりが池をくるりと回ります。

 

 

 

 

 

みどりが池の近くにある「八十二森のまなびや」という施設は
このあたりの植物や野鳥を紹介する博物館のようなもので、
おもしろかったです。入場は無料です。

戸隠森林植物園の中は、一応遊歩道が整備されていますが
うっそうとしていて、一部通行止めの遊歩道もありますし、
駐車場に近いみどりが池付近から奥社入り口の駐車場あたり以外は
人気があまりありませんので、熊の可能性もありますし、
ちょっと怖い感じがします。
戸隠森林植物園に行かれるなら、「八十二森のまなびや」と
みどりが池の付近だけの散策にして、
鏡池に行かれる場合は、車で行かれることをおすすめします。
それでも十分、鳥の鳴き声や森林浴を楽しめると思います。
どちらも入場料、駐車場ともに無料です。

戸隠森林植物園のウェブサイトはこちらです
http://npo-togakushi.org/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です